ビタミンB群含有量が抜群なビタミンB12の補給源「ニュートリショナルイースト」

ニュートリショナルイーストはサトウキビと甜菜を原料としています。

ニュートリショナルイーストは酵母の一つであり、原料から出芽酵母を採取した後、加熱して失活させます。

また、ニュートリショナルと名付けられていることから、栄養が豊富に含まれる上に、ナッツやチーズのような風味があることから、ビーガンやベジタリアンの人達のチーズや乳製品の代替品として使われています。





 

ニュートリショナルイーストの栄養

ニュートリショナルイーストはビタミンB群やミネラル、アミノ酸が含まれ、低脂肪、低糖質な上にグルテンフリーです。

ニュートリショナルイーストはビタミンB12が含まれていると言われますが、元々ニュートリショナルイーストにはビタミンB12は含まれていないのです。

ビタミンB12は元々植物性食品には含まれていない為、ベジタリアンやビーガンの人には不足しやすい栄養素です。

実はニュートリショナルイーストに含まれるビタミンB12は最終製造工程において加えています。その為、製品によってはビタミンB12が含まれている場合があります。

特にビーガンで動物性食品を一切摂らない場合は、商品にビタミンB12が含まれているか確認すると良いでしょう

ニュートリショナルイーストはビタミンB群が豊富に含まれ、その含有量はモロヘイヤやブロッコリーを上回ります。

[ビタミンB群含有量比較]

ビタミンB ニュートリショナルイースト モロヘイヤ ブロッコリー
ビタミンB1 4.5mg 1.4mg 1.3mg
ビタミンB2 7.5mg 1.3mg 0.06mg
ビタミンB6 0.5mg 0.11mg 0.08mg
ナイアシン 4.5mg 1.4mg 1.3mg
パントテン酸 1.3mg 0.55mg 0.34mg
葉酸 7pg 75μg 63μg

更にニュートリショナルイーストは蛋白質が100gあたり13.5g含まれ、鉄分が豊富に含まれています。

ニュートリショナルイーストには以下のような健康効果に期待があります。

  • エネルギー代謝
  • 筋蛋白合成
  • 皮膚の形成に関与
  • 造血作用
  • リラクゼーション
  • 胎児の成長
  • 循環器疾患予防
  • 免疫力増強
  • 肝機能向上
  • 便秘解消
  • 脂質異常症予防…等


 

三大栄養素の代謝

ニュートリショナルイーストにはビタミンB群が豊富に含まれています。

これらのビタミンB群は解糖系やクエン酸回路において糖分や脂肪がエネルギーとして代謝することに関わり、有酸素運動時に疲労を抑制して効率よくエネルギーを利用します。

ビタミンB6は筋蛋白合成に関わり、脂肪燃焼しやすい身体を作ります。

更にニュートリショナルイーストに含まれる蛋白質や鉄分とともにビタミンCを摂取すると、蛋白質は細胞を作り、ビタミンCと鉄分がコラーゲン生成に関わる為、皮膚の形成や傷の修復を早めることに期待があります。

 

造血作用

ニュートリショナルイーストには鉄分が豊富に含まれています。鉄分は主に赤血球の材料としての働きがありますが、鉄分だけでは体内に十分に吸収されません。

鉄分はビタミンCと摂ることによって、ビタミンCが非ヘム鉄を二価鉄にする為、体内に吸収されることによって鉄分の効能を発揮します。

その為、ビタミンCと摂取することにより貧血予防効果が期待出来ます。

リラックス効果

セロトニン生成には日光を浴びると良いと言われますが、セロトニン生成には栄養も関わっているのです。

セロトニン生成には炭水化物、トリプトファン、ビタミンB6が主な栄養素と言われています。

ニュートリショナルイーストにはナイアシンが含まれている為、トリプトファンの生成に関わります。ビタミンB6は神経伝達物質の合成に関わります。

ニュートリショナルイーストには鉄分も含まれ、赤血球の生成に関わります。赤血球は120日の寿命が過ぎるとフェリチンとして貯蔵され、セロトニン生成時にトリプトファンが変化する時にフェリチンが利用されます。

マグネシウムもセロトニン生成に関わる上に精神疾患を予防する効果があると言われています。

ビタミンB1は脳や神経機能を正常に保つ働きがあり、マグネシウムとビタミンB1を併せて摂取すると精神面での健康維持に有効であることが言えます。

ニュートリショナルイーストにはマグネシウムとビタミンB1の両方を豊富に含む為、このような効能が期待出来ると言えるでしょう。

セロトニン生成に関わる栄養素が豊富に含まれることから、ニュートリショナルイーストにはリラックス効果良質な睡眠を得られる効果があることが言えます。

 

胎児の成長

葉酸は妊娠中に必要不可欠な必要であり、胎児を正常に成長させる働きがあると言われています。

葉酸は核酸の合成を促し、細胞分裂に欠かせない存在です。

蛋白質も含まれているので、葉酸がアミノ酸合成に関わることからもニュートリショナルイーストは妊婦に適した食品であることが言えます。

 

循環器疾患予防

菜食主義者やビーガン主義者が循環器疾患予防に陥りやすいのはビタミンB12が不足してしまうからです。

ビタミンB12はホモシステインを減少させることにより、動脈硬化や心臓病、脳卒中の予防に役立ちます。

ホモシステインは肝臓にてビタミンB6、葉酸、ビタミンB12によってメチオニンに変換され、更に一部はシステインというアミノ酸変換され、一部は尿中に排泄されます。

この時に葉酸の働きをビタミンB12が補助することによってホモシステインを減少させると言われます。




 

免疫力増強他

ニュートリショナルイーストに含まれるβ1.3グルカンには免疫力増強効果があるとのことです。

グルタチオンはアルコール性脂肪肝その他肝機能障害の予防に役立つと言われています。

マンナンは便秘解消血液中のコレステロールや中性脂肪を排出する働きがあり、脂質異常症の予防に良いと言われます。

 

注意点

ニュートリショナルイーストは妊娠中の方や乳幼児等年齢層関わらず摂取することが出来ます。

但し、酵母やイーストにアレルギーがある方、カンジタ病の方は摂取を避けた方が良いでしょう。

ニュートリショナルイーストは葉酸が豊富なことからプリン体の合成にも関わっています。

身体に良いからといって大量摂取してしまうと、プリン体濃度が高くなって痛風を起こしてしまうことがあります。

プリン体を多く含む肉や魚の加工品、レバー等の臓物、ビール等と摂取するとプリン体摂取過多となってしまう場合があります。

 

まとめ

ニュートリショナルイーストについてまとめます。

  • エネルギー代謝
  • 筋蛋白合成
  • 皮膚の形成に関与
  • 造血作用
  • リラクゼーション
  • 胎児の成長
  • 循環器疾患予防
  • 免疫力増強
  • 肝機能向上
  • 便秘解消
  • 脂質異常症予防…等

ニュートリショナルイーストは菜食主義者はビーガン主義者のビタミンB12の補給源として役に立ち、ビタミンB12不足による循環器疾患予防にも繋がります。

ビタミンB12以外のビタミンB群も含まれている為、不足しやすい栄養素を補給するためにも活用出来ます。


 
カラダってスゴいっ! - にほんブログ村

関連記事