食品

私達の身体は何で作られているのでしょうか?

それは「食べ物」であることは過言じゃないでしょう!

年甲斐もなく若さを維持している人がいる一方、まだ若いのに中高年のように見える人もいます。

見た目年齢の違いは食習慣や生活習慣が大きく関わっています。

若さを保っている人を見るととても羨ましく見えますが、この人たちに共通して言えることは「病的」ではないことです。

 

他人の食習慣は、分からなくて当然のことなのです。

人は物事を自分の価値観や尺度で判断してしまう生き物です。

例えば、外食する習慣がある人やお菓子を食事替わりにしているような人が、若さを保っている人を見ると、その人たちも自分たちと同じような食生活を送っているものだと思い込みがちです。

そして「その若さはどうやって保てるの?」と思わんばかりに高い化粧品を買ったり、エステに通って美肌対策をしている人もいます。

そして健康診断の結果が「LDLコレステロールが高い」「中性脂肪が上昇」「肥満」という結果が出てしまい、挙句の果てに「私はオバサンだから!」と開き直っています。

 

これって「尊敬できる大の大人」の姿でしょうか??

 

自己管理が出来ていない「痛い人」ですよね?

 

年齢を重ねても若さを保っている人は、単品料理やファーストフードをといった食生活をしていません。

普段から食生活に気を付け、野菜類やきのこ類等からビタミンやミネラルを摂ることを心がけています。

このような人と外食に行くと、当人は平然として揚げ物やパスタ等の高カロリーのものを食べているのですが、実は「お付き合い」「楽しみ」と割り切っているのです。

なので、日常的な食事はストイックとまではいかなくても、健康的なものを意識して食べているのです。

 

健康な食習慣を継続することは、美容効果と紙一重なのです。

ここでは、健康食品やサプリメント、調味料等、食品に関わるカテゴリーをまとめています。

ページ下よりそれぞれのカテゴリーにリンク出来ます。

各食品の栄養成分や期待する効能について取り上げていますので、参考にしていただけると幸いです。

 

ここで気を付けてもらいたいのは、栄養成分のところでも述べましたように、自分の求める効能を特定の食品にばかり求めないことです。

このような食事の摂り方は栄養バランスを崩してしまって却って良からぬ結果を起こす場合があります。

毎日ジャンクフードばかり食べている人がサプリメントを大量摂取したところで、健康効果や美容効果は期待できるものではありません。

 

健康的な食事をベースとし、それでも不足する栄養成分がある場合にサプリメントで補います。

 

今では、油や調味料は選びかたが重要なことが知られるようになっています。

かつてはコレステロール値が高いことは悪い事と見られていましたが、コレステロール値が高くても健康なケースというのは、普段から身体に良い油を摂っているからです。

調味料もそうですし、食品の選び方もそうですが、身体に取り込む食品を健康的なものを継続的に摂れば、若さや健康を維持できると言えるでしょう。

最近の記事

  1. 塩は人体の体液の約0.9%を占めており、海水と同じ割合でミネラルが含まれる

  2. 鉱物に含まれる「ゲルマニウム」は一部の食品に含まれる

  3. ベリーをはじめとする赤い果実に含まれるポリフェノール「エラグ酸」は美容効果の他にも生活習慣病予防に期待