骨形成及び骨粗しょう症予防及び補酵素の大部分を担う「マグネシウム」

マグネシウムは現代人の多くに不足しているミネラルです。

それは現代人に不足しがちなある食品群にマグネシウムが含まれているからです。

マグネシウムは体内では補酵素として働くので、その活躍ぶりは地味ですが、必須ミネラルと言っていい程、大事な働きがあります。





 

総論

マグネシウムは300種類以上の酵素の補酵素として、その活性化に関わっています。

エネルギー代謝で必要な多くの酵素でも、その大部分でマグネシウムが補酵素として関与しています。

マグネシウムは骨や歯の形成並びに多くの体内の酵素反応やエネルギー産生に寄与しています。生体内には25gのマグネシウムが存在し、その50~60%は骨に存在しています。

血液中のマグネシウム濃度は、1.8~2.3㎎/㎗に維持されており、マグネシウムが欠乏すると、腎臓からのマグネシウム吸収が亢進するとともに、骨からのマグネシウムが遊離して利用されます。

 

マグネシウム

マグネシウムの主な働きは次の通りとなります。

  • 補酵素としてエネルギーや蛋白質の代謝に関わる
  • 骨形成に欠かせない
  • 浸透圧維持
  • リラクゼーション効果
  • 便秘の改善

 

蛋白質の合成

マグネシウムは蛋白質の合成に関与しています。

DNAに格納されている遺伝情報をRNAが読み取ることによってアミノ酸から蛋白質が合成される時に、RNAの一つであるメッセンジャーRNAがDNAから遺伝情報を読み取り、細胞内のリボゾームに付着することによって蛋白質の合成が始まります。

この付着を助けているのがマグネシウムです。


 

骨形成

マグネシウムは骨の形成に重要な役割を持っています。

骨内ではハイドロキシアパタイトの構成成分として結晶構造の成長を阻害し、骨の弾力性を維持するとともに、カルシウムを骨に定着させる働きがあります。

マグネシウム不足により骨から溶出されると、カルシウムも同様に溶出されてしまい、骨密度低下を起こしてしまいます。


 

浸透圧維持

マグネシウムは細胞膜内外の浸透圧維持に関わっています。

細胞外ではナトリウム濃度、細胞内ではマグネシウム、カリウム濃度が高くなります。

細胞膜にあるポンプがミネラルを調整することによって細胞膜内外の濃度を維持しています。

また細胞膜のポンプの働きをしているのにATPアーゼという酵素が関わっています。

ATPアーゼはATPを分解して取り出したエネルギーを利用してポンプを動かしており、能動輸送によってミネラルバランスを保っています。この輸送にマグネシウムが関わっています。

マグネシウムは不足するとイオンポンプが働かなくなり、細胞内にカルシウムが溜まってしまい、細胞が収縮してしまいます。

これが血管の平滑筋で起こると、狭心症や心筋梗塞などの虚血疾患を引き起こす原因となってしまいます。その為、カルシウムとマグネシウムは2:1のバランスを保つことが理想とされています。




 

リラクゼーション

マグネシウムはビタミンB6やナイアシンと協力しながら、セロトニンの生成に関わります。

そしてマグネシウムそのものに神経興奮抑制作用や筋肉の緊張を緩和する働きがあると言われます。

また、良質な睡眠を得るのに役立てており、GABAを維持するとのことです。


 

便秘の解消

酸化マグネシウムという便秘薬がありますが、マグネシウムは腸管内の便を通りを円滑にさせる働きがあります。

マグネシウムと水分は、便に含まれる水分に関与します。

マグネシウムの摂取量と水分の摂取量が適切であれば、便は適度に軟らかくなり、腸管をスムーズに通り抜けて排泄していきます。

 

欠乏症状及び過剰摂取障害

マグネシウムが欠乏すると、吐気、嘔吐、眠気、脱力感、糖尿病のような生活習慣病のリスクを上昇させてしまいます。

マグネシウムは食品以外から摂取した場合はマグネシウムの過剰摂取によって下痢の症状を引き起こします。

 

マグネシウムを含む食品及び耐用上限量

マグネシウムは主に大豆製品、魚介類、海藻類、種実類に多く含まれます。

海藻類の中では特にあおさに含まれ、種実類の中では南瓜の種、ひまわりの種、ブラジルナッツに多く含まれています。

1日あたりの耐用上限量は350㎎とされています。

 

まとめ

マグネシウムの働きについて最後にまとめます。

  • 補酵素としてエネルギーや蛋白質の代謝に関わる
  • 骨形成に欠かせない
  • 浸透圧維持
  • リラクゼーション効果
  • 便秘の改善

便秘薬としてのイメージが強いマグネシウムですが、エネルギー代謝に大きく関わるミネラルであり、骨を丈夫にするために欠かせないミネラルです。

ストレス社会にも欠かせないミネラルなので、マグネシウムを含む大豆製品、魚介類、海藻類、種実類を普段の食事から摂るように心がけましょう。

 





 
カラダってスゴいっ! - にほんブログ村

関連記事