リラックス効果とでデトックス効果にお勧めの「桑の葉」

日本の各地、朝鮮半島、中国に広く分布するクワ科の落葉高木であり、ヤマグワ、マグワ等の葉を用います。

桑は主に養蚕用に栽培され、毎年刈り込まれている為、低木になっていますが、自然状態では樹高が10mに達します。

桑の葉は、漢方生薬では桑葉、健康茶として桑の葉茶と知られています。

但し、日本の伝統的な桑茶は、一般的に桑の幼枝、桑枝が利用されています。





 

桑の葉の栄養

桑の葉には鉄やカルシウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル、ビタミンB1が豊富であり、ビタミンC、クワノン類、糖蛋白質のモランA、ブドウ糖と構造がよく似た1-デオキシノジリマイシン、クロロフィル、ポリフェノール、GABA等が含まれています。

桑の葉には以下の効能に期待があります。

  • 生活習慣病予防
  • 癌予防
  • 骨形成
  • ストレスケア
  • 貧血予防
  • 老化防止
  • 強いデトックス作用


 

癌、生活習慣病予防

桑の葉茶特有の1-デオキシノジリマイシンには、糖分の分解酵素であるαグルコシターゼの働きを阻害して糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を抑える働きがある為、糖尿病や肥満、脂質異常症や脂肪肝の改善効果が認められています。

ポリフェノールにも血糖上昇抑制機能があり、血管トラブルを防止する働きもある為、糖尿病の三大合併症と呼ばれる神経障害や糖尿病性網膜症の予防にも役立つと言われます。

桑の葉には、βカロテン、ポリフェノール、ビタミンC、クロロフィルが含まれており、抗酸化作用があると言われます。

抗酸化作用によって体内の過酸化脂質の産生を抑制することにより、動脈硬化等の生活習慣病予防効果があると言われます。

また、抗酸化作用は癌予防に効果的とも言われます。

ビタミンCはNK細胞を活性化させる働きがあることから、癌の予防にも役立つ上に、癌の進行抑制にも期待があります。

食物繊維及びポリフェノールの働きは、糖尿病、脂質異常症、肥満、動脈硬化、血栓症、胆石症、脂肪肝、脳血管疾患、心疾患、癌等の予防効果に期待があります。

 

骨形成

桑の葉には骨形成に役立つカルシウム、マグネシウムが含まれています。

カルシウムは骨や歯の材料となり、マグネシウムはカルシウムを骨や歯に定着させる働きがあります。

桑の葉には骨粗鬆症予防効果に期待画あると言えるでしょう。

 

抗ストレス

カルシウムやマグネシウムは骨形成の他にも、興奮抑制作用があると言われます。

ストレス軽減効果のあるビタミンCやリラックス効果のあるGABAも含まれており、カルシウムと相乗して精神安定作用や鎮静作用があると言われています。

桑の葉にはカリウムが含まれており、体内の余分なナトリウムを排泄し、更にGABAの脳内血流活性作用血圧正常化作用によって血圧が正常値になるように調整する働きがあります。

マグネシウムにはGABAの作用を持続させる働きがあるとのことです。

 

貧血予防

赤血球の栄養となる鉄分も含まれ、鉄分の吸収を促すビタミンCも含まれるので、桑の葉には貧血予防効果が期待出来ます。

桑の葉には鉄分の吸収を阻害するタンニンがない為、他のお茶より鉄分の吸収力が良いそうです。

 

アンチエイジング

抗酸化作用には紫外線から肌を守る働きがある為、アンチエイジング効果があるとされます。

桑の葉に含まれるビタミンCはコラーゲン生成に関わっている為、抗酸化作用による美肌効果に更に良いと言われます。

更にビタミンCのコラーゲン生成効果による美肌効果がアトピー性皮膚炎改善作用に良いと言われます。




 

有害物質の排泄

桑の葉には食物繊維が含まれている上、デトックス効果のあるクロロフィルも含まれています。

クロロフィルには小腸内に蓄積されている有害金属や残留農薬などの有害物質を取り除く働きがあると言われます。

カリウムによる排泄効果と併せてデトックス効果が期待出来、細胞の老化を防ぐ上、抗酸化作用もある為、アンチエイジング効果や癌予防等に更に良いとされています。

 

漢方薬として

漢方では解熱・止熱の効果があり、感冒などによる発熱、咳嗽などに用いられています。

また、古くから桑の葉茶は咳や高血圧、糖尿病などに効果があり、滋養強壮の妙薬として愛飲されてきました。

 

ハーブや化粧品として

ヨーロッパではブラックマルベリーの樹皮や葉が薬用ハーブとして利用され、最近では糖尿病の予防やダイエット素材で利用されています。

血糖値上昇やダイエットを目的とする場合には、必ず食前又は食事中に桑の葉茶を飲むことが必要です。

一方、根から抽出した桑白皮エキスには、モルシンやクワノンA~Hなどのフラボノイドが含まれ、チロシナーゼ活性阻害作用による美白効果や保湿効果があるために、化粧品に配合されています。

また、桑白皮エキスには、毛周期を休止期から成長期に変換する作用が認められ、育毛剤にも配合されています。

 

副作用は?

桑の葉茶は特に副作用の報告はされていません。

その為、安心して飲用出来るお茶なのです。但し、化学療法を受けている場合は桑の葉茶を飲む前に、医師に相談すると良いでしょう。

 

まとめ

桑の葉についてまとめます。

  • 生活習慣病予防
  • 癌予防
  • 骨形成
  • ストレスケア
  • 貧血予防
  • 老化防止
  • 強いデトックス作用

桑の葉はお茶として飲むことが殆どですが、少し値段の高いものなので購入には躊躇するかもしれません。

生活習慣病予防に非常に役立つことから、将来も健康的な生活を送れるように備えることに活用出来るでしょう。


 
栄養相談、サポート詳細
 

関連記事

最近の記事

  1. 塩は人体の体液の約0.9%を占めており、海水と同じ割合でミネラルが含まれる

  2. 鉱物に含まれる「ゲルマニウム」は一部の食品に含まれる

  3. ベリーをはじめとする赤い果実に含まれるポリフェノール「エラグ酸」は美容効果の他にも生活習慣病予防に期待