催淫効果をもたらす「ジャスミン」

本ページはプロモーションが含まれています。

ジャスミンは主に亜熱帯地方を原産とするモクセイ科のハーブです。

ジャスミンには酢酸ベンジル、安息香酸ベンジル、ジャスモン、フィトール、インドール、リナロール、ゲラニオール等の芳香成分が含まれます。




 

ジャスミンの効果

ジャスミンには次のような健康効果に期待があります。

  • 催淫効果
  • 鎮静効果
  • 抗炎症作用
  • 鎮静効果
  • 皮膚の収縮

催淫効果

酢酸ベンジルは、ジャスミンやイランイランに含まれています。

酢酸ベンジルの香りは男性の性機能を高め、テストステロンの分泌を高めることから性欲をアップすると言えます。

鎮静効果

安息香酸ベンジル、リナロールには、不安な心を抑え、落ち着きをもたらします。

抗炎症作用

安息香酸ベンジル、リナロールの鎮静効果には抗炎症作用があります。

安息香酸ベンジルは、去痰作用とともに呼吸器系疾患の予防に有効的とされ、喘息や気管支炎の予防に期待があります。

また、抗炎症作用があることから、膀胱炎等の泌尿器系の炎症予防にも効果的であると言えます。

皮膚の収縮

安息香酸ベンジルは皮膚の創傷を修復する上に、しもやけやあかぎれによる傷を修復する働きがあります。

 
栄養相談、サポート詳細
 

関連記事

最近の記事

  1. 活性酸素が体内の細胞を傷付けるメカニズム

  2. 中心静脈栄養の問題点

  3. 自然治癒力