毒素排出力の強い「どくだみ茶」は生命力が強い薬草として健康効果にも期待が高い

どくだみは生命力が非常に強い雑草であるものの、薬草として重宝される植物です。

どくだみにはデカノアルデアルデヒド、ラウリルアルデヒド、クエルシトリン、カリウム、マグネシウムが含まれます。





 

どくだみの効果

どくだみには次のような健康効果に期待があります。

  • 抗菌作用
  • 血管の強化
  • 利尿作用
  • 高血圧予防
  • 便秘解消

抗菌作用

どくだみに含まれるデカノアルデアルデヒド、ラウリルアルデヒドには、抗菌作用によって体内の毒素による影響を軽減します。

この抗菌作用は皮膚のトラブルを解消したり、白癬菌や食中毒菌を殺菌するほど強力です。

血管の強化

どくだみに含まれるクエルシトリンには毛細血管を強化する働きがあります。

その為、動脈硬化を予防することに期待があります。

毛細血管を強化することは、糖尿病の三大合併症の予防にも繋がります。

利尿作用

クエルシトリンには利尿作用があります。

その為、体内に溜まった毒素の排泄を促進させます。

高血圧予防

カリウムは、体内のナトリウム量が過剰になると排泄を促します。

これによって血圧を正常値に貯節し、高血圧を予防すると言えます。

便秘の解消

マグネシウムは、水分と一緒に摂ることによって腸内に溜った老廃物に水分を含ませて排泄を促します。

マグネシウムには重金属や有害物を排泄するほど、強いデトックス作用があります。

腸内環境改善によって、美肌効果、免疫力強化、脳機能向上などのメリットが得られることに期待があります。

 
栄養相談、サポート詳細
 

関連記事

最近の記事

  1. ロザビン類とサリドロサイドの二大成分を唯一含む岩弁慶と呼ばれるハーブ「ロディオラ」

  2. 長時間残業による心疾患のリスク

  3. 牛乳を加えると果汁がゲル化するのは「ペクチン」による