女性の悩みに応える働きが豊富な「たんぽぽコーヒー」はたんぽぽの根っこから作られる

たんぽぽコーヒーはコーヒーと名前が付けられていますが、中国では漢方として、ヨーロッパでは薬草として使用されています。

たんぽぽコーヒーはたんぽぽの根を天日干しにして乾燥し、細かく砕いて焙煎することによって作られます。

たんぽぽコーヒーは利尿作用がありますが、カフェインは含まれていません。





 

たんぽぽコーヒーの効能

たんぽぽコーヒーにはビタミンAやビタミンB群、カリウム、鉄分、レシチン、イヌリン、タラキサチン、フィトステロール、スポコレチン、イソクエルシトリンが含まれます。

たんぽぽコーヒーの効能についてまとめると次のようになります。

  • 利尿作用
  • 性ホルモンの分泌を整える
  • 血流促進
  • 臓器の機能向上
  • 配膳促進
  • 解毒作用
  • 抗菌作用、殺菌作用
  • 抗酸化作用

利尿作用

たんぽぽコーヒーはノンカフェインにも拘わらず利尿作用があります。

これはスポコレチン、イソクエルシトリンに利尿作用があるからです。

浮腫みの原因には病気によるものと病気以外のものがあります。

病気以外によるものには塩分の過剰摂取による水分の過剰摂取や飲酒が挙げられます。

また、カリウムが含まれていることから、利尿作用によって体内の余分なナトリウムを排泄すると考えられます。

 

女性ホルモンの分泌を整える

たんぽぽコーヒーは性ホルモンの分泌を整えることから、性器のトラブルの予防に期待があります。

生理不順、生理痛の改善、母乳分泌を促進作用があると言われます。

たんぽぽコーヒーは血液を浄化することから、母乳の質を向上するとのことです。

更年期症状の軽減不妊症対策にも期待があります。

 

血流促進

たんぽぽコーヒーは血流循環を促進することから、血行促進効果があると言われます。

全身の血液が円滑に流れると、冷えの改善にもつながり、浮腫み、肩凝り、腰痛の改善にも繋がります。

臓器の機能向上

たんぽぽコーヒーにはタラキサチンによって胃の働きを活発にさせ、タラキサチンとフィトステロールとイソクエルシトリンが肝機能を向上させると言われます。

胆汁酸の分泌を促し、胆嚢疾患の改善にも期待があります。

 

排便促進

たんぽぽコーヒーにはイヌリンも含まれ、緩下作用があることから排便を促す作用があるとのことです。

また、イソクエルシトリンは胆汁酸の分泌を促進する働きがあると言われます。

胆汁酸の分泌が増えると便が軟らかくなるため、排便を促し、腸内環境改善に期待があります。

 

解毒、殺菌、抗炎症

スポコレチンには解毒作用抗菌作用、殺菌作用、食中毒予防及び感染症予防効果もあると言われています。

スポコレチンやイソクエルシトリンには抗炎症作用があることが知られ、痛みへの抑制効果炎症性疾患の予防に役立つとのことです。

 

抗酸化作用

たんぽぽコーヒーに含まれるスポコレチンには抗酸化作用があります。

抗酸化作用によって細胞の損傷を防ぎ、老化や癌の予防に役立てると言えます。

血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が高いと、大量産生された活性酸素によって酸化型のLDLコレステロールや中性脂肪に変換します。

抗酸化作用は、血液中のコレステロールや中性脂肪を酸化から守り、動脈硬化及び脳梗塞や心疾患を未然に防ぐことに役立てます。

 

注意点

たんぽぽコーヒーを飲む際は次の点に注意しましょう。

一部の疾患に罹っている場合

たんぽぽコーヒーは肝臓や胆嚢の疾患予防に期待がありますが、胆道閉塞、胆嚢炎、閉塞性イレウスに罹って言う場合は摂取を避けた方が良いでしょう。

胃酸過多

たんぽぽコーヒーは胃の動きを活発にしますが、胃酸過多を起こす場合もありますので、摂り過ぎないようにします。

アレルギー

たんぽぽはキク科の植物なので、菊アレルギーがある場合はアナフィラキシーショックが懸念されます。

冷え

たんぽぽコーヒーを飲む際は温かいものを飲みましょう。

冷たいたんぽぽコーヒーの飲みすぎは、身体を冷やしてしまいます。

 

まとめ

たんぽぽコーヒーについてまとめます。

  • 利尿作用
  • 性ホルモンの分泌を整える
  • 血流促進
  • 臓器の機能向上
  • 配膳促進
  • 解毒作用
  • 抗菌作用、殺菌作用
  • 抗酸化作用

たんぽぽコーヒーは健康効果が知られているものの、アレルギーがある場合は気を付けなければなりません。

 
栄養相談、サポート詳細
 

関連記事

最近の記事

  1. コーヒーによるリラクゼーション効果をもたらす「カフェ酸」

  2. デザイナーズピラミッドでは重要なポジションに位置する「にんにく」は癌予防に期待

  3. 介護用食品の活用