日本最古の穀物の一つ「ヒエ」

ヒエは「冷え」が由来となって名付けられています。

ヒエは寒冷地で育ち、寒さを生き抜く強い生命力を持っている穀物と言われています。





 

ヒエの歴史

ヒエは、イネ科ヒエ属に分類される一年草木です。

ヒエには、栽培ヒエとノビエと呼ばれるヒエ属野生種があります。

日本の野生ビエは、代表的な水田雑草のタイヌビエのほか、西南暖地の水田のみに発生するヒメタイヌビエ、低湿地を中心に広く分布するイヌビエ、道端や畑地に自生するヒメヌビエがあり、いずれも日本だけでなく、中国、アジア等の湿地帯に分布されています。

その他、西南アジアや西アフリカなどの熱帯や亜熱帯地方に分布する野生ヒエは、一年生で小型のコヒメビエが代表的で、東南アジアやアフリカには匍匐(ほふく)茎や球茎などで繁殖する多年生の野生ヒエが見られます。

ヒエは2400年前から中国から栽培されていたとされ、朝鮮を経て縄文時代に日本に伝来したと考えられています。

縄文時代の遺跡から、ヒエの炭化物が出てくることから、アワと並んで日本最古の穀物であった可能性があります。ヒエの原産はインドであり、日本や中国より古くからヒエが栽培されていたそうです。

 

ヒエの栄養

ヒエには食物繊維、ビタミンB群、ビタミンE、ミネラルが豊富に含まれています。

ヒエには次のような健康効果に期待があります。

  • 腸内環境改善
  • エネルギー代謝
  • 脳機能向上
  • 抗ストレス
  • 抗酸化作用
  • 胎児の成長
  • 骨形成をサポート
  • 生活習慣病予防

 

腸内環境改善

ヒエには不溶性食物繊維が豊富に含まれています。不溶性食物繊維には便秘解消、有害物質の排泄効果があります。

水分と一緒に摂ると便のかさが増し、デトックス効果が更にたかまります。

その為、腸内環境改善効果があると言われ、腸内環境が改善することによって様々なメリットをもたらします。

 

三大栄養素の代謝

ヒエにはビタミンB群であるB1、B2、B6、ナイアシン、パントテン酸が含まれ、炭水化物、脂質、蛋白質を体内でエネルギーに変換させて利用する働きがあり、肝機能強化にも良いとされています。

ヒエにはマグネシウムが含まれている為、マグネシウムが酵素を働かせることにより、炭水化物、脂質、蛋白質の代謝をサポートします。

ヒエには蛋白質が含まれます。ビタミンB6は蛋白質の代謝に関わり、蛋白質を体内でエネルギーに変えたり、筋肉や血液が作るのに重要な働きをします。

 

脳機能向上

ヒエに含まれるナイアシンとビタミンB6、鉄分、マグネシウムはセロトニンの材料となります。

パントテン酸はストレスを緩和させるとのことです。

カルシウム、マグネシウムには鎮静作用があり、抗ストレス効果があると言われます。

また、糖質の代謝に主に携わるビタミンB1が含まれていることから、脳の栄養源となり、脳機能向上心機能の安定を図ると言えるでしょう。

 

抗酸化作用

ヒエにはビタミンEが含まれ、抗酸化作用があります。

活性酸素を抑え、過酸化脂質の産生を抑制し、血管にアテローム形成されるのを抑制することから、動脈硬化等の生活習慣病予防効果があるとされ、細胞の損傷防止による癌予防、紫外線から肌を守ることによるアンチエイジング効果が期待されます。




 

出産時の栄養

粟に含まれる葉酸は、細胞の生まれかわりに関わります。葉酸は妊婦に必要な栄養素であり、細胞増殖が盛んな胎児が正常に発育する働きがあります。

不足すると妊娠初期の胎児に影響を及ぼし、神経管閉鎖障害のリスクが高まります。

ヒエには亜鉛が含まれ、精子や精液の材料として利用されることから精子の発育に携わります。

粟には男性、女性ともに出産に必要な栄養素が含まれているのです。

 

その他の効能

ヒエには豊富なミネラルが含まれ、上記に挙げた以外にも沢山の効能に期待があります。

貧血予防

ヒエには鉄分含まれ、葉酸とともに赤血球をつくり出すのに必要な栄養素な為、貧血予防効果が期待出来ます。

骨や葉を丈夫にする

ヒエには、骨の形成に関わるカルシウム、マグネシウム、リンが含まれています。

カルシウムは骨や歯を作るのに欠かせませんが、マグネシウムにはカルシウムを骨に定着させる働きがあるので、カルシウムをサポートします。

血液凝固

カルシウムは、血液を凝固させることによって傷口を治す働きがあります。

神経の働きに作用

カルシウム、蛋白質、ビタミンB6等によって筋肉の運動や神経の働きにも作用します。

味覚障害の予防

ヒエには亜鉛が含まれていますので、味覚障害の予防に役立ちます。

皮膚の健康を保つ

ビタミンB群は皮膚の粘膜の健康維持に役立っています。

ヒエには蛋白質や鉄分、亜鉛、カルシウムも含まれているので、皮膚の創傷の修復をサポートします。

生活習慣病予防

ヒエにはカリウムが含まれています。

カリウムは細胞内に存在し、ナトリウムとバランスを取りながら血圧が上昇しないようにコントロールしています。

パントテン酸は動脈硬化の予防に役立ちます。

 

まとめ

粟の効能についてまとまめす。

  • 腸内環境改善
  • エネルギー代謝
  • 脳機能向上
  • 抗ストレス
  • 抗酸化作用
  • 胎児の成長
  • 骨形成をサポート
  • 生活習慣病予防

ヒエは雑穀御飯の具材の一つとしても活用されています。

現代人に不足しがちなビタミンB群やミネラルの補給源となるため、御飯と一緒に炊く等して日常の食生活に取り入れましょう。

 


 
カラダってスゴいっ! - にほんブログ村

関連記事