プラスイオンを持つ動物性食物繊維「キトサン」

キトサンはカニの殻を原料にして作られている動物性の食物繊維です。

キトサンは幅広い作用があることから、健康面の他、農業、畜産、水産、医療などでさまざまな分野で活用されています。





 

キトサン唯一の特徴「プラスイオン」

キトサンの最大の特徴は、食物繊維の中で唯一プラスイオンの性質を持っていることです。

キトサンを摂取するとマイナスイオンの性質を持つ重金属や、悪玉コレステロール、ウィルスなどを吸着し、排出することが知られるようになりました。

キトサンは分子量が約10~200万と非常に大きな食物繊維です。

キトサンはさまざまな物質を取り込みながら腸内を移動します。

人間に必要なものを摂った場合は、キトサンによって腸の壁に触れた時に体内に取り込む仕組みになっています。

人間の身体に不要なものはキトサンが細菌などの不要な物質を取り込んで、対外排出します。

キトサンには強いデトックス効果をはじめ、以下の働きがあります。

  • 解毒作用
  • 二日酔い予防
  • 免疫力増強
  • 抗菌・殺菌作用
  • 腸内環境改善

 

解毒作用による二日酔い予防

キトサンには肝機能を活性化する働きがある為、解毒・排毒作用を持っています。

例えばアルコールを飲む前にキトサンを摂取すると二日酔いを予防出来ます。

アルコールを肝臓で分解する際にアセドアルデヒドが産生され、二日酔いの症状を起こします。

キトサンを摂取すると肝機能を高め、アルコールによる肝硬変の予防に役立てることが出来るのです。

また、キトサンには解毒作用があるので、肝臓で処理しきれなかった毒を排出する働きも持っています。

毒の中でも有害重金属は肝臓だけではなく、中枢神経系への影響、視力低下、更に皮膚や肺などの癌の原因にもなると言われています。

キトサンは一度体内に入ると中々排泄されない有害重金属と結合して排泄するという貴重な働きを持っているのです。

 

免疫力増強

キトサンには免疫力を増強する作用があります。

キトサンは体内に入ると、体内の発がん物質や放射線物質、重金属などに結合すると、体内の免疫細胞がキトサンを異物と認識します。

これによってマクロファージやNK細胞が増え、免疫力が増強されます。

免疫力が高まることによって病気に対する抵抗力が上がり、病気になりにくい身体を作り、自然治癒力を高めます。

 

抗菌、殺菌作用

キトサンには抗菌・殺菌作用があります。繊維製品や医療材料はキトサンの抗菌作用を利用して作られています。

キトサンを繊維に結合させることによって、衣類に付着した腐敗細菌の増殖を防ぎ、優れた防菌効果を持つと言われています。

キトサンは黄色ブドウ球菌にも高い抗菌性があることを示されています。

また、衣類の繊維状のMRSAの増殖防止効果も期待され、院内感染対策の一つとなっています。

更にキトサンは食品保存にも利用されております。キトサンの重金属吸着作用や、塩素を分解する抗菌作用は、浄水器にも利用されています。

 

腸内環境改善

キトサンの食物繊維のプラスイオンは腸内環境改善効果があると言われています。

体内に入った食品添加物、塩分、脂質、プリン体、有害物質、重金属、放射性物質などと結合して排泄します。

更に腸壁を刺激して腸の活動を活性化し、腸内の善玉菌の餌となって腸内環境を改善し、免疫細胞を活性化させます。

また、塩分や脂質を排泄することによって高血圧や脂質異常症の改善にも期待されています。

 

1日あたりの摂取量及び注意点

キトサンの1日の摂取量目安は目的によって異なります。

健康維持やダイエットが目的であれば1日500~1000㎎、生活習慣病対策であれば1日1000~2000㎎が目安となります。

あまり多く摂取してしまうと整腸作用が強く現れる場合があります。

また、多く摂取することにより脂溶性ビタミンまで排出されることがあります。

甲殻アレルギーの場合は稀にアレルギー症状が出ることがあります。

 

まとめ

キトサンの働きについてまとめます。

  • 強いデトックス作用
  • 解毒作用
  • 二日酔い予防
  • 免疫力増強
  • 抗菌・殺菌作用
  • 腸内環境改善

キトサンは有害重金属を排泄するほど強いデトックス効果があります。

サプリメントを摂取の際は使用量を守り、アレルギーのある方は原材料を確認しておきましょう。

 
カラダってスゴいっ! - にほんブログ村

関連記事