スズメバチアミノ酸が由来となった脂肪燃焼効果を持つ「ヴァーム」

ヴァームとはスズメバチアミノ酸「VAAM」が由来となっています。

スズメバチのアミノ酸には、体脂肪がエネルギーになることを促進し、体脂肪の燃焼を促進するという働きがあると言われます。そのエネルギーの元となるのが幼虫からの分泌液なのです。

スズメバチは成長して大人になると食事を摂らなくなります。

それにも関わらず1日100kmという広い範囲を飛び回ることが出来るのです。

スズメバチは餌を幼虫に与えると、幼虫から液が分泌され、その分泌液によって栄養を補給しています。

この分泌液にはアミノ酸が含まれ、このアミノ酸によって体脂肪がチャージされ、エネルギーとして利用されます。そしてヴァームは低カロリーです。

但し、ヴァームによる脂肪燃焼効果は運動と併用することによって得られます。そして、普段の食事を正しく心がけることです。

 
栄養相談、サポート詳細
 

関連記事

最近の記事

  1. 塩は人体の体液の約0.9%を占めており、海水と同じ割合でミネラルが含まれる

  2. 鉱物に含まれる「ゲルマニウム」は一部の食品に含まれる

  3. ベリーをはじめとする赤い果実に含まれるポリフェノール「エラグ酸」は美容効果の他にも生活習慣病予防に期待