カフェイン、タンニンが少ない「ルイボスティー」はミネラルが豊富であり、抗酸化作用に期待

本ページはプロモーションが含まれています。

ルイボスはマメ科のアスパラトゥス属の一種であり、ルイボスティーは葉を発酵させることによって作られます。

ルイボスティーは製法によって緑茶と紅茶があり、緑茶はさっぱりとした仕上がりとなり、紅茶は少し甘味があります。




 

ルイボスティーの成分と健康効果

ルイボスティーには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、銅、マンガン、SODが含まれています。

ルイボスティーにはタンニンやカフェインが殆ど含まれていません。

ルイボスティーには次の健康効果に期待があります。

  • 疲労抑制
  • 循環器疾患予防
  • 癌予防
  • 老化防止
  • 骨形成
  • 貧血予防
  • 美肌効果
  • 浮腫み解消
  • リラックス

疲労抑制

ルイボスティーにはエネルギーが利用される時に補酵素として働く、ビタミンB1、ビタミンB2、マグネシウムが含まれています。

そしてカリウムが電解質の均衡を図ることによって、エネルギー代謝や筋肉の収縮をサポートします。

その為、運動時における疲労を抑制して、効率良く脂肪燃焼するように働きかけます。

抗酸化作用

SODは抗酸化酵素の一つであり、抗酸化作用をサポートします。

SODは活性酸素の働きを抑えることによって、血液中の中性脂肪やLDLコレステロールの酸化を抑制したり、癌を予防したり、老化を防ぐことに寄与します。

骨形成

カルシウム、マグネシウム、マンガンは骨形成に関与します。

カルシウムは骨や歯の材料となり、マグネシウムは骨や歯にカルシウムを定着させます。

貧血予防

ルイボスティーには赤血球の材料となる鉄分が含まれ、ビタミンCと銅が鉄の吸収を促します。

美肌効果

SODには活性酸素を抑制することから、紫外線による肌の老化防止に期待があります。

ビタミンCには一度出来てしまったシミやそばかすを目立たなくすることから美白効果があると言われます。

鉄分は吸収されると赤血球の材料となり、血液を介して全身に栄養を運搬します。

全身に栄養が運搬されることによって、体組織に栄養が行き渡り、皮膚や爪などの組織を美しく保つことに寄与します。

亜鉛は細胞分裂を促し、鉄分とビタミンCはコラーゲン生成に関わることから、傷の治癒を早めたり、肌の新陳代謝を高めます

浮腫み解消

ルイボスティーにはカリウムが含まれます。

カリウムは血液中のナトリウムが過剰になると、ナトリウムの排泄を促し、血圧を正常に保ちます。

ナトリウムが排泄されると体内の余分な水分の排泄を促すため、浮腫みの解消に期待があります。

リラックス

カルシウムやマグネシウムには興奮抑制作用があります。

ビタミンCには抗ストレス効果があり、マグネシウム、鉄分はセロトニン生成に関与します。

 

注意点

ルイボスティーは、豆科にアレルギーがある場合は、アレルギー症状を呈する場合があります。

 
栄養相談、サポート詳細
 

関連記事

最近の記事

  1. コーヒーによるリラクゼーション効果をもたらす「カフェ酸」

  2. デザイナーズピラミッドでは重要なポジションに位置する「にんにく」は癌予防に期待

  3. 介護用食品の活用