ダイエット効果に期待のあるポリフェノール「ケンフェロール」

ケンフェロールはフラボノイドの一つであり、ダイエット効果があることで注目されています。

ケンフェロールには次の健康効果に期待があります。

  • 肥満予防
  • 循環器疾患予防
  • 免疫力アップ





 

肥満予防

ケンフェロールはミトコンドリアの機能を高めます。

TCA回路によるエネルギー代謝はミトコンドリア内で行われます。

ミトコンドリアが活性化すると、脂肪燃焼が促されます

その為、ケンフェロールはダイエット効果があることで注目されています。

しかし、ミトコンドリアにおいて脂肪燃焼を促すには、ビタミンB群やマグネシウムの摂取が欠かせません。

 

循環器疾患予防

ケンフェロールはポリフェノールの一つであることから抗酸化作用があります。

ケンフェロールは中性脂肪はLDLコレステロールが活性酸素によって酸化されることを防ぎます。

その為、血栓症や動脈硬化を予防し、心疾患や脳血管疾患に罹患することを未然に防ぎます

ケンフェロールはケルセチンと一緒に摂ると、抗酸化作用が相乗して強化されます。

 

免疫力アップ

ケンフェロールはミトコンドリアの機能を高め、臓器にも良い影響を与えます。

臓器の機能が向上することによって免疫力が高まると、ウィルスへの抵抗性が強くなり、感染症予防に期待があるのです。

 

ケンフェロールを含む食品

ケンフェロールを含む食品には、柿の葉茶、マテ茶、玉葱、ブロッコリー、プロポリス、ケール、ほうれん草等があります。

 
栄養相談、サポート詳細
 

関連記事

最近の記事

  1. デザイナーズピラミッドでは重要なポジションに位置する「にんにく」は癌予防に期待

  2. 介護用食品の活用

  3. 唯一の栄養成分を含む「明日葉」に期待する健康効果は非常に豊富