大麻草に含まれるカンナビノイドは抗腫瘍効果や痛みの抑制に期待あり

カンナビノイドは麻に含まれる生理活性物質の総称です。

カンナビノイドに含まれる化合物は104種類に及びます。

カンナビノイドは人体に有益に働きかけるものの、日本では規制がかかっています。

しかし、カンナビノイドは人体に組み込まれているのです。

カンナビノイドはオイルとして販売されている他に、スナックやカプセル、飲料として販売されているものもあります。




 

カンナビノイドの種類と分類

カンナビノイドは104種類もあり、このうち代表的な成分には次のものが挙げられます。

  • テトロヒドロカンナビノール(THC)
  • カンナビノール(CBN)
  • カンナビジオール(CBD)
  • カンナビゲノール(CBG)
  • カンナビクロメン(CBC)
  • カンナビトラシン(CBT)
  • カンナビシクロール(CBL)

更にカンナビノイドには「標準体」「異性体」があり、異性体には二種類あります。

植物性カンナビノイドには「内因性」のものと「合成」されたものがあります。

内因性のものは体内合成され、身体に有益に働きかけます。

一方、合成によるカンナビノイドは、人工的及び化学的に合成されたものであり、所謂「危険ドラッグ」として規制がかけられています。

 

カンナビノイドの作用

カンナビノイドはカンナビノイド受容体を介して、その効力を発揮します。

カンナビノイド受容体には「CB1」と「CB2」の二種類があります。

カンナビノイドが経口、吸気、皮膚によって体内に入ると、受容体と結合し、情報伝達を行います。

カンナビノイドは役目を終えると肝臓で代謝されます。

人の身体には、エンド・カンナビノイド・システム(ECS)が備わっています。

ECSには、食欲、免疫、触感、感情、運動機能を調節する働きがあります。

カンナビノイドの効能には次のものが挙げられます。

  • 睡眠の質の向上
  • リラクゼーション
  • 不安を緩和する
  • 鎮痛作用
  • 抗炎症作用
  • 疼痛緩和

テトロヒドロカンナビノール(THC)

THCは1964年に、イスラムのメクラム氏によって発見されました。

傷みや痙攣を抑制する他に、精神活性としての働きもあります。

多幸感を味わうものの、幻覚、時間や空間の混乱を引き起こすことがあります。

カンナビノール(CBN)

CBNはTHCの酸化・分解によって産生されます。

鎮静、傷みの緩和、炎症の抑制の他に、穏やかな精神作用があります。

カンナビジオール(CBD)

CBDは不安の緩和、痙攣の抑制、神経保護等の働きがあり、THCのような強力な精神作用は特にありません。

脳機能の低下予防や向上にも期待のある成分です。

カンナビゲノール(CBG)

CBGはTHC、CBN、CBDの前区物質です。

主に抗菌作用、抗腫瘍作用、抗炎症作用があると言われます。

カンナビクロメン(CBC)

CBCはTHC、CBDとは異なる構造をしています。

疼痛緩和、抗炎症作用、腫瘍抑制、骨の成長促進に期待のある成分です。

カンナビトラシン(CBT)

CBTはTHCに似た構造をしています。

高揚感を与えますが、THC程強力ではありません。

 

副作用

カンナビノイドは内因性のものであれば有害性によるリスクは低いと考えられます。

ただ、下痢、食欲減衰、倦怠感、強い眠気の症状を呈する場合があります。

THCの場合は、幻覚、時間・空間の混乱、パニック、中毒、不安、妄想、記憶障害の懸念が提議されています。

人工的、化学的に合成されたものは不自然なものであり、異常な副作用を起こすと言われています。


 

まとめ

カンナビノイドは麻に含まれるものから、麻薬のようなイメージがあるかもしれませんが、元々人体に備わっている物質です。

大量摂取することと人工的に合成されたものの摂取は、避けるようにしましょう。

 
栄養相談、サポート詳細
 

関連記事

最近の記事

  1. 胃瘻は本来、経口摂取に向けての一時的な栄養管理方法

  2. 毒素排出力の強い「どくだみ茶」は生命力が強い薬草として健康効果にも期待が高い

  3. 歯茎で潰せる硬さの調理方法