肝機能強化と強い殺菌力に注目の「スルフォラファン」

スルフォラファンはイソチオシアネート一種であり、ファイトケミカルです。

大根や貝割れ、ブロッコリー、ブロッコリースプラウト、キャベツ、わさび等のアブラナ科の野菜に主に含まれている成分です。





 

スルフォラファンの働き

スルフォラファンの主な働きは以下の通りです。

  • 肝機能強化
  • 解毒作用
  • 花粉症予防
  • 殺菌作用
  • 抗酸化作用

 

肝機能強化

スルフォラファンには肝機能を高める働きがあると言われます。

スルフォラファンはアセトアルデヒドの分解を促すことから、アルコールによる二日酔い予防に良いと言われます。

 

解毒作用

スルフォラファンは肝機能をサポートすることにより解毒効果を助けると言われます。

肝臓は体内に入った有害物質を分解して無毒化する働きがあります。

スルフォラファンは解毒に関わる酵素の生成を活性化する働きがあると言われることから、肝臓の解毒効果抗酸化作用抗炎症作用に期待があるとされます。

 

花粉症予防

スルフォラファンには抗炎症作用があることから、抗体が過剰に反応することを抑制すると言われます。

その為、アトピーや花粉症予防に期待があると言えます。

また、炎症を抑える働きもあると言われます。

 

強い殺菌作用

スルフォラファンには強い殺菌作用があると言われ、ピロリ菌に対する作用に期待があります。その為、胃癌の予防に期待がされています。

ピロリ菌は胃の粘膜に住みつく菌です。

ピロリ菌は、胃酸を中和するウレアーゼという酵素をつくり出すことが出来、強い酸性である胃の中に住み続けます。

ウレアーゼと胃の中の尿素によってアンモニアが産生され、アンモニアにより胃が傷つきます。

或いは胃に炎症が起こってしまいます。

ピロリ菌によって慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの疾患にかかってしまうのです。

胃は食物を消化・分解して、栄養素を吸収するという大事な働きがあり、ピロリ菌によって感染してしまうと、折角摂った栄養素が有効活用されません。

その為、ピロリ菌の治療には一般的に「除菌」が推奨されています。

スルフォラファンにはピロリ菌を殺す作用があると、いくつかの研究で確認されています。

また、抗生剤では倒せなかった耐性菌を除菌する効果があると言われています。

 

抗酸化作用

スルフォラファンは抗酸化作用があることから、細胞や血液中の脂質の酸化を抑制すると言われ、癌予防生活習慣病予防老化防止に期待があります。

 

野菜が新鮮なうちに摂取

スルフォラファンを摂取する際は、新鮮な食材を摂取することです。食材が古くなると、スルフォラファンの効能が十分に得られなくなってしまいます。

 

まとめ

スルフォラファンの働きについてまとめます。

  • 肝機能強化
  • 解毒作用
  • 花粉症予防
  • 殺菌作用
  • 抗酸化作用

スルフォラファンの効能を得るには野菜の鮮度がものを言います。

スルフォラファンに限ったことではないですが、生鮮食品からの栄養成分は新鮮なうちに摂る方が効能を享受しやすいものです。

 
カラダってスゴいっ! - にほんブログ村

関連記事