新陳代謝や脂肪燃焼を促進するスタミナ源「硫化アリル」

硫化アリルとは玉葱やにんにく、にら等に含まれる強い香気成分であり、白いファイトケミカルです。

玉葱や葱を切った時に目が痛くなるのは、この硫化アリルによるものなのです。

ユリ科の野菜の他に大根やわさびにも含まれています。

硫化アリルはビタミンB1の吸収力を促進します。

ビタミンB1は解糖系やクエン酸回路で栄養素がエネルギーとして利用されるのに必要な栄養素であり、主に炭水化物の代謝に関わります。

その働きを強化するのが硫化アリルであり、運動時において疲労を抑制し、新陳代謝や脂肪燃焼を促進すると言われます。





 

循環器疾患予防

硫化アリルには血液中の余計な脂質を減らして血液をサラサラにする効果に期待があるとされています。

また、抗酸化作用によって血液中のコレステロールや中性脂肪の酸化を抑制を抑え、血管が傷つくことを防ぐことによって血管のアテローム形成を予防します。

更に硫化アリルは血栓の凝固を阻害する働きがある為、脳梗塞や心筋梗塞などの循環器疾患予防効果に期待があると言えます。

 

免疫力強化

硫化アリルには抗酸化作用があることから、免疫力強化による癌予防効果に期待があると言えます。

硫化アリルには強い殺菌作用があり、サルモネラや大腸菌等の食中毒菌や寄生虫からの害から守るとのことです。

料理の際に硫化アリルの殺菌作用は生ものの臭み消しにも利用されています。

但し、殺菌作用が強すぎる為、生のままで大量摂取すると、善玉菌まで殺してしまうそうです。

 

硫化アリルは熱と水に弱い

硫化アリルは水と熱に弱いという欠点があります。

らっきょうを漬ける際に生の方が望ましいのは、食材そのものの栄養成分を壊さないためなのです。

硫化アリルを含む食品は水に長時間さらしてしまうと、効果が得られにくくなってしまいます。

加熱調理の際は短時間で済ませるようにすると良いでしょう。

 

ペットに与えるべからず

硫化アリルは犬や猫などのペットには中毒性をもたらしてしまいます。

犬や猫が硫化アリルを摂ると赤血球を破壊してしまい、溶血性貧血を起こしてしまいます。

また、胃腸障害や衰弱の症状も見られます。

間違っても、硫化アリルを含む葱、玉葱、ニラ、にんにく、エシャレット等の食品は与えないようにしましょう。

 


 
カラダってスゴいっ! - にほんブログ村

関連記事