コーヒーによるリラクゼーション効果をもたらす「カフェ酸」

カフェ酸はコーヒー豆に含まれる成分です。

カフェとは元々コーヒーを意味しますが、現在では喫茶店を指すことが多くなっています。

カフェ酸はポリフェノールの一つであり、コーヒーはポリフェノールが豊富は食品の一つです。





 

カフェ酸の働き

カフェ酸には次のような働きがあると言われます。

  • リラクゼーション効果/li>
  • 循環器疾患予防
  • 老化防止
  • 癌予防

 

リラクゼーション効果

コーヒーを飲むとリラクゼーション効果を感じるのはクロロゲン酸によるものと言われますが、カフェ酸も同様にリラクゼーション効果をもたらすと言われます。

ところがクロロゲン酸は熱に弱いという性質があります。

コーヒーを焙煎する時にクロロゲン酸から熱によってカフェ酸が分離し、コーヒー独自の香りとコーヒーを入れる時に色や香りを抽出します。

特に引き立てのコーヒー豆の香りは深みがあり、香りによって脳のα波が優位となり、安心感やリラクゼーション効果をもたらします。

 

循環器疾患予防

カフェ酸はポリフェノールの一つであることから、抗酸化作用があると言われています。

抗酸化作用の一つには、活性酸素によって血液中のコレステロールや中性脂肪が酸化されることを防ぎ、血管内にアテロームが形成されることを防ぐ働きがあると言われます。

血管内にアテロームか形成されると動脈硬化をはじめ、循環器疾患に罹るリスクが高まります。

カフェ酸が動脈硬化や脳血管疾患、心臓病に良いと言われるのは、抗酸化作用によるこのような働き循環器疾患の予防に期待があるからでしょう。




 

老化防止

抗酸化作用には紫外線によるダメージから守る働きがあります。

紫外線から皮膚を守る事によって、シミやシワ、たるみなどの肌トラブルを防いだり、老化の進行を抑える働きに期待があると言われます。

 

癌細胞から守る

活性酸素は増殖しすぎると体内で酸化することによって細胞を傷つけてしまいます。

ポリフェノールの抗酸化作用は活性酸素の働きを抑えることから細胞を傷つけることを防ぎ、癌から身を守ると言われます。

更にカフェ酸には癌細胞から組織を守ると言われ、更に転移を抑制するそうです。

コーヒーが癌予防に良いと言われているのは抗酸化作用と共にカフェ酸独自が持つ抗癌作用によるものであることが言えます。

 

1日あたりの目安量

カフェ酸を含む食品の代表格はコーヒーですが、さつまいもやりんご、バナナ等にも含まれます。いずれもクロロゲン酸とセットで摂取出来る食品です。

カフェ酸は特にコーヒーに含まれていますが、1日あたりの目安量を摂るには1日2~3杯が適量と言われます。

 

まとめ

カフェ酸についてまとめます。

  • リラクゼーション効果/li>
  • 循環器疾患予防
  • 老化防止
  • 癌予防

コーヒーによるリラクゼーション効果にはカフェ酸が貢献しています。

コーヒーは適度に飲む限り健康効果がありますが、飲み過ぎると大事な栄養素の排泄を促す場合があります。

くれぐれも依存には気を付けましょう。

 
栄養相談、サポート詳細
 

関連記事

最近の記事

  1. 胃瘻は本来、経口摂取に向けての一時的な栄養管理方法

  2. 毒素排出力の強い「どくだみ茶」は生命力が強い薬草として健康効果にも期待が高い

  3. 歯茎で潰せる硬さの調理方法