砂糖ゼロのお菓子に使用されている「マルチトール」

マルチトールとは、麦芽糖に水素を付加して化学合成することよって作られます。

エネルギーは100gあたり約200kcalであり、砂糖の約半分となり、砂糖の8割程の甘さがあります。

ダイエット食品として砂糖の代替えとして使われていますが、摂り過ぎてしまえばダイエットの意味がなくなります。またアスパルテーム等の人工甘味料と一緒に使われていることもあります。

 

保存性を高める

マルチトールは砂糖と同様に食品の水分を取り除いて水を利用しにくくすることによって保存性を高める働きがあります。

また食品の変質を防ぐ働きがあります。

市販のジャム等の果物の加工品には必ずといっていい程、還元麦芽糖が含まれています。

何故砂糖ではないのかと言いますと、砂糖は果汁によって酸化反応を起こす性質があり、製品が黒ずんでしまうことによって商品の見た目を悪くしてしまいます。

還元麦芽糖は果汁によって色が変色することが殆どない為、加工された食品が色鮮やかな状態で出荷することが出来るのです。

 

摂取上の注意点

マルチトールは砂糖に比べて腸管からの吸収が緩やかですが、摂り過ぎてしまうと腸内にマルチトールが過剰な状態になります。

その為、腸内の浸透圧が上がってしまい腸内に余分な水分が溜まることので、お腹が緩くなることがあります。

マルチトールはもともと糖分な為、砂糖よりはカロリーは低いとは言っても、カロリーがあり、摂り過ぎてしまうと血糖値の調整機能が上手く働かなくなります。

 
栄養相談、サポート詳細
 

関連記事

最近の記事

  1. 塩は人体の体液の約0.9%を占めており、海水と同じ割合でミネラルが含まれる

  2. 鉱物に含まれる「ゲルマニウム」は一部の食品に含まれる

  3. ベリーをはじめとする赤い果実に含まれるポリフェノール「エラグ酸」は美容効果の他にも生活習慣病予防に期待