肉の付け合わせに用いられる「クレソン」は生で食べることにより殺菌作用を発揮する

クレソンはアブラナ科の植物あり、大根のような辛さがあります。

肉料理として用いられることが多く、辛さはあるものの生食されることが多い食品です。





 

クレソンの栄養

クレソンにはビタミンA、βカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、カルシウム、マグネシウム、鉄分、カリウム、イソチオシアネート、クロロフィル、ルテイン、食物繊維が含まれます。

クレソンによって得られる健康効果には次のものが挙げられます。

  • 美肌効果
  • 血栓症予防
  • 循環器疾患予防
  • 癌予防
  • 骨形成をサポート
  • 止血作用
  • 目を健康に保つ
  • 高血圧予防
  • 腸内環境改善
  • 胎児の正常な成長をサポートする
  • 胃もたれ予防
  • 貧血予防
  • 殺菌作用

 

抗酸化作用

クレソンにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、クロロフィル、ルテイン、イソチオシアネートが含まれ、抗酸化作用があります。

肌の老化防止

抗酸化作用には紫外線による肌の老化から守り、シミやしわを予防する働きがあります。

ビタミンA、ナイアシン、ビタミンC、鉄分、亜鉛は、コラーゲン生成に関与します。

ビタミンB2は髪や爪を健やかに保つ働きがあります。

ビタミンCには一度出来てしまったシミやそばかすを目立たなくする働きがあります。

ルテインの抗酸化作用は、活性酸素から水晶体を守ることにより、目からの紫外線の侵入を防ぎ、紫外線による老化を防止します。

循環器疾患予防

抗酸化作用の働きは、老化防止以外に、血液中の中性脂肪やLDLコレステロールが活性酸素によって酸化することから守る働きもあります。

中性脂肪やLDLコレステロールが酸化することによって血栓症や動脈硬化を予防し、脳血管疾患や心疾患から守ります

癌予防

抗酸化作用は細胞の損傷から守る働きもあります。

イソチオシアネートには白血球を増やすことが知られ、癌細胞の増殖を抑制すると言われます。

また、ビタミンCのNK細胞を活性擦る働きがあることからも、クレソンは癌予防に期待のある食品であると言えます。

 

骨形成をサポート

クレソンには骨や歯の材料となるカルシウムが含まれます。

クレソンにはカルシウムを骨に定着させるマグネシウム、ビタミンD、ビタミンKも含まれています。

ビタミンKには骨形成を促す働きがあるとともに、コラーゲンを骨に沈着させる働きがあります。

ビタミンA、ナイアシン、ビタミンC、鉄分はコラーゲン合成に関わります。

その為、クレソンは骨形成に関与する食品と言えます。

骨形成に関する栄養素は他にもあるため、栄養バランスの整った食事が基本となります。

 

止血作用

クレソンにはビタミンKが含まれており、ビタミンKには血液凝固作用があります。

クレソンによる血液凝固作用は、怪我や鼻血等の出血の時に血液を凝固させて、出血過多にならないように働きかけます

その為、大量出血による貧血から守ると言えます。

 

目を健康に保つ

キャベツに含まれるβカロテンは体内ではビタミンAに変換されます。

ビタミンAは光刺激反応において重要な役割を果たします。

アントシアニンと一緒に摂ることによって、光刺激反応が円滑に行われます。

また、ビタミンAは粘膜を強化させる働きもあることから、ドライアイから目を守ります

ビタミンCには加齢性黄斑変性症の進行を遅らせたり、白内障を予防する働きがあると言われます。

ビタミンB2は、粘膜生成に関わることから、ドライアイや涙目、目の充血、眼精疲労等の目のトラブルから守ります

ルテインには活性酸素による水晶体の酸化を抑える働きがあります。

 

高血圧予防

クレソンにはカリウムが含まれ、体内のナトリウム量が過剰になると、カリウムはナトリウムの排泄を促して血圧を正常に保ちます




 

腸内環境改善

クレソンには食物繊維が含まれます。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の割合が3:1程となっています。

食物繊維の摂取源としては全粒穀物や芋類の方が優れているので、食物繊維を摂るのであれば栄養バランスをとることが必須です。

クレソンにはマグネシウムクロロフィルが含まれています。

マグネシウム、クロロフィルは強いデトックス作用があり、有害物質や重金属を排出すると言われています。

また、クロロフィルには悪臭分子を分解する働きがあることから消臭効果を発揮します。

更に腸内環境を図るのであれば、プロバイオティクスとプレバイオティクスの両方を摂ることが必要です。

 

胎児の正常な成長

クレソンに含まれる葉酸は、核酸の合成に関与します。

細胞分裂が正常に行われることによって、胎児の成長をサポートします。

 

胃もたれ予防

クレソンに含まれるジアスターゼは、デンプンを分解して、胃酸の分泌を抑えて胃もたれや胸やけを抑えて消化を促進します。

ジアスターゼは脂っこい料理による胃腸の負担を抑えます。

その為、肉料理に付け合わせることは理に適っているのです。

 

貧血予防

クレソンには赤血球の材料となる鉄分と、赤血球の核酸の材料となる葉酸、鉄の吸収を促進するビタミンCが含まれます。

 

殺菌作用

イソチオシアネートが持つ殺菌作用は、サルモネラや黄色ブドウ球菌、ヘリコバクターピロリによる食中毒菌から守る働きがあると言われます。

また、ヘリコバクターピロリによる害から守ることから、胃癌予防に期待があります。

 

注意点

クレソンはビタミンKが豊富に含まれる為、ワーファリン等の抗血栓薬を処方されている場合は、一度に大量摂取をすることを避けておきましょう。

 

まとめ

クレソンの健康効果についてまとめます。

  • 美肌効果
  • 血栓症予防
  • 循環器疾患予防
  • 癌予防
  • 骨形成をサポート
  • 止血作用
  • 目を健康に保つ
  • 高血圧予防
  • 腸内環境改善
  • 胎児の正常な成長をサポートする
  • 胃もたれ予防
  • 貧血予防
  • 殺菌作用

クレソンも栄養価の高い野菜なので、時々食事に摂り入れて、自身の健康増進に活用しましょう。

 
栄養相談、サポート詳細
 

関連記事

最近の記事

  1. 塩は人体の体液の約0.9%を占めており、海水と同じ割合でミネラルが含まれる

  2. 鉱物に含まれる「ゲルマニウム」は一部の食品に含まれる

  3. ベリーをはじめとする赤い果実に含まれるポリフェノール「エラグ酸」は美容効果の他にも生活習慣病予防に期待